Baby Massage and Aromatherapy
本気で乾燥対策!!!
 寒くなりましたねー。
我が家は早速火入れ!!

ぬっくぬくぽかぽか。

さてさて、そんな寒い季節到来。
お肌がカサカサしてきた方も多いのではないでしょうか???
お肌の保湿対策、毎年いろいろ悩むけど,なんだかイマイチこれでいいのか?
どうか?って悩み悩みいろんな商品を購入されてる方も多いでしょう。

そんなみなさんに思い切ってオススメしちゃいます。
是非是非一度
Bergamotオリジナル化粧水&乳液「minnnade」を使ってみませんか???


ホントいいんです。これ。
私も使用してかれこれ4年くらいになります。
うちの母も子どもたちもみんな使っておりますが、みんなお肌の調子いいです。

Bergamotのベビマに来てくださっている赤ちゃんたちにも何人にも使って頂きました。
そう、おばあちゃんから赤ちゃんまでみんなで使えるんです。
赤ちゃんのお肌のカサカサ対策には結構実績アリですよ!!

北海道と言えばエステ特区、とか言われているらしく、美容系の工場や会社が沢山あるそうです。そんな北海道にあるメーカーさんにお願いして作ってもらっています。
ここのメーカーさんは、その辺じゃ小売りしていないメーカーさんです。
主に、エステのフェイシャル施術用の業務用化粧品メーカーさんなので、その実力はすごいのです。(どこのメーカーさんか隠すつもりはないのですが、ワタシもやっとやっと探して出会えたメーカーさんなのであえて秘密!)

まず一番気にいっているところ!化粧水のベースはラベンダー水。
ラベンダーのオイルを採った残りの水の部分。
これだけでも十分化粧水としてイケちゃうくらいのリッチさ。そこにヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲン、そして植物由来のエキスなどもたっぷりリッチな成分を足していただきました。
乳液もラベンダー水にホホバ、シアバターとこれまた大好きな組み合わせで入れていただきました。
あくまでも、コンセプトは赤ちゃんと一緒に使える商品を作っているので、そんなに強い成分は入ってません。

顔だけでなくて全身使えます。

ワタシのイメージコンセプトとしては、
お風呂上がりのママさんが一人でお子さんのお世話していること、よくあるでしょ。
そんな方への保湿に。
化粧水はスプレータイプになっていますので、お風呂上がりシュッシュとお子さんにかけちゃってください。そしてすかさず自分の顔にもシュッシュ。
本当はコットンで100回パッティングとかした方がいいのでしょうが、無理だもんね。
何もしないよりした方がいいんですから。
シュッシュとしちゃってください。
で、乳液はポンプ。ちゃっちゃとみんなに塗りましょう。

お一人でご使用される方も、スプレー式結構便利なんですよ。
化粧水顔面にシュッシュとかけて、手のひらで包み込むようにして軽くパッティング。
その後少し経ったら乳液。
この2つで結構しっとりしますよ。
物足りない方にオススメなのは「ホホバオイル」でのマッサージ。
洗顔後、ホホバでよーくマッサージした後に、化粧水シュッシュ、乳液でケアーしてもらうとそりゃもうウルウルですよ。

無香料ですので、もし香りを楽しみたい方は、アロマエッセンシャルオイルをチョコっと足してもらってもいいですよ。
ワタシは、フランキンセンスやローズウッドパルマローザなど美肌系を足して使っています。
子どもたちはティーツリーやカモミールラベンダーなどかゆかゆ対策系を足したりしています。あくまでも、レッスン用の器材として作っていただいていたので、アロマオイルも上手にお肌に運んでくれますよ。

最初は、レッスンに来てくださった方と自分の家族が潤えばいいやーなんて思って化粧水と乳液を工場にお願いしていたんです。
でも、商品化してほしい、とのご希望を沢山いただいて、調子に乗って商品化してみました。
でもでも、残念ながら、ワタシのもう一つの最大の希望が叶わなかったのです
それは「低価格」。
主婦の財布にも優しい価格で提供できれば完璧だったのですが、やはり難しかった....。
もっともっと沢山工場で発注すればコストは下がって行く、というのが流通システム。
今のワタシは大量発注は難しく、最小限のレベルしか発注できないので。
現在の価格になってしまいました。
高級化粧品」的なお値段になってしまい、だからなんとなくみなさんに声を大にしてオススメするのに気が引けていたりしました。

でもでも、よく考えてみると、実際内容がホントに「高級」なんだから仕方ない。
成分一つ一つ、丁寧に、いいものをチョイスしてくださっています。
大量生産物とは全く違います。
それに、容器も中国産のお安いのにすれば良かったけれど,やっぱりその辺はこだわりたかった。国産のいい仕事してるメーカーさんの遮光容器。
なので、このお値段でも仕方ないのかも.....

と思いつつも、やっぱり、化粧品にはお金かけられない主婦の気持ちもある。
.....そこで、沢山買って頂くための方法を考えてみる

答えはただ一つ。
沢山発注して少しでも1本あたりの仕入値を下げればいいんだ、と言う考えに至りました。

そう!皆さんに沢山使っていただくことで値下げもできるんです。
是非是非使ってみませんか??

沢山売る方法として,今回考えてみました。
「おトクなセット」販売!!
「今なら」って奴です(笑)
なんだか姑息な通販番組みたいですが....(汗)

そこで!!!
冬のカサカサお肌キャンペーン開催!!!!
今なら
1本4200円の所
2本で6000円で販売致します。

組み合わせは自由です。
化粧水と乳液のセットでもOK。
それぞれ2本でもOK
内容量は150ml。結構たっぷりです。
遠方の方へ発送も致します。

更にまとめ買いの方は更に値引き致しますよー。


更に、小売店、エステ、アロマ店の方で販売してみたい!
レッスン、エステ等の器材で使いたい!なんて方も募集です。
卸売りもいたします。
パッケージも内容も自信あります。

この冬、しっとりお肌手に入れませんか???
ぐるり市にも持って行きますよー。

ぐるり市あと少しです
Begramot最後の出店になるかも!???
是非是非お越し下さいね。













Bergamotオリジナル - -
オリジナルアロマオイル大作戦 その3
この前のおやつ。

じゃじゃん。やっと作ったよ。ずっと作りたかったこれ
ワッフル。ホットケーキの元みたいなのを粉と卵で作って焼くので、簡単バージョンの方。
イースト菌入れた奴の方がおいしいんだけどね。
ウチで採れたブルーベリーちゃんたちもうれしそうね!!
子供たちに瞬殺されました〜。

明日はベビマ最終レッスン、ただいませっせとスイーツ製作中♪
下手っぴながら楽しい時間であります。
何ができるかはお楽しみに!!!

●●●
さてさて、オリジナルアロマオイルの続きです。

Przygody kropli olejku


この言葉の謎について解き明かします。(なんて程の事ではないのですがね(笑))

この言葉は、「ポーランド語」です。
いつからポーランド好きになったの???
いえいえ。別にポーランド好きって訳ではないし、アロマオイルもポーランドとは何も繋がりはないのです。

じゃあなんで????


はい。
実は,ある大好きな絵本からいただいたお名前なのです。
その絵本とはこれ


「しずくのぼうけん」です。
おばさんのバケツの中の水のひとしずくが、ぽとんとおちて大冒険、さてどうなるか??というお話です。1969年に発表されたロングセラー。
このお話しがポーランドのお話。
そして、このお話の原書タイトルが

「Przygody kropli wody」

この「wody」部分が「水のしずく」という意味。
そこを「olejku」「精油のしずく」にもじってみたんです。

というわけで、

「アロマオイルのしずくのぼうけん」

という意味になるんです!!
ぽとんと落ちたアロマのしずく、冒険してみなさんの元にどんな風に届くかな??という意味を込めて、大好きな絵本にあやかってみました。

でも、やっぱり難しい名前なので、「アロマのぼうけん」とか言ってくださればいいです(笑)もしくは「クロプリ」とか!

しずくのぼうけんの、このポーランド語の原書バージョンの絵本を今探しています。
出版元に問い合わせたら絶版だそうで。。。。なんとか見つかるといいんだけど....。


あと、この絵本をキャラクターとして使用してもよいかの著作権的な問題も出版社に問い合わせしてみました!
あくまでも「絵本の紹介」としてならOKとの了解を得ました。
これからパンフレットのようなものも作成予定なので、載せられるという訳です♪♪

関係ありませんが、幼稚園で仕事をしていた頃、研修で福音館書店に行ったことがあります。
とっても楽しい研修だった記憶があります。だからか、私が買ったり借りたりする絵本は、ついつい福音館の絵本をひいき目に選ぶ傾向があります。
このしずくのぼうけんも福音館書店♪なんだか勝手に運命感じてみたり(笑)

今回のネーミング、我ながらとってもナイスだな〜って自画自賛しています♪




Przygody kropli olejku

どうぞよろしくおねがいします♪


さて、次回は最終回パッケージデザインについて♪
お楽しみに。





Bergamotオリジナル - -
オリジナルアロマオイル大作戦 その2
 今日も私の頭の中は


♪やめて、そのショパン。 思い出なら いらないの


レイニデイズ たちきれーず.....



.......毎度毎度 雨だとその懐メロかいっっ。他にないんかいっっ

若いみなさんは知らないよねー。
1984年の曲ですよ。古っっっ

小林麻美さんって女優さんが歌ってました。ユーミンの曲だよ。
聞いてみたい人はこちら(ユーミンバージョンですよ!)
やっぱり小林さんバージョンの方がいいな〜(歌唱力は微妙なんだけどね)こちら
きれいな人だったけど、もう出てこないね。今どうしてるんだろう???

●●●
さて、またどうでもいいスタートですが、
オリジナルオイルのお話の続きです。

この夏、沢山のメーカーさんを巡って、やっと実現することができました。
オリジナルオイルへの道!
オリジナル化粧品を販売しているエステティシャンの友人の協力を得たり、海外在住の友人に助けてもらったり、いろんなことをしてなんとかなりました!

そして、最後、決めなきゃいけないことはブランド名とラベルデザイン。

「Bergamot」だと精油名なのでなんだかややこしいので、変えたほうがいいかも、ということになり。
で、考えたんです。
皆さんに覚えてもらいやすくて、ステキな名前。

でもね、なかなかなくってね。いいな、と思うと既に存在しているし。
さすがに画数までは見なかったけど(笑)なんだかピンとこなくて。

考えているうちにもう、名前はどうでもいいか、という発想に至りました。
めんどくさくなってあきらめた訳ではないです(笑)
名前はどうでもいい、というかね、皆さんに覚えてもらいやすい名前にこだわる必要はないかと。

だから逆に難しい名前にしてみました。絶対覚えられない名前(爆)
私も未だにわからなくなる(困)

でも、その名前の由来、エピソードにインパクトあり。

だからね、

「Bergamotで売ってるあのなんとかっていうオイル」

そんな感じでおねがいします(笑)

では、その名前、早速発表してみたいと思います。


ドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥル(ドラムの音)
ジャン


Przygody kropli olejku



......?????

え?読めない??

でしょ??

「プシゴディ クロプリ オレイク」って読みます。


一体何語??
どんな意味??

パート3に続く....。




Bergamotオリジナル - -
オリジナルアロマオイル大作戦 その1♪
 以前ちらっと書いたんですが、Bergamotのオリジナルアロマオイルを販売することになりました!!!

私は今まで、特定のメーカーさんと特に提携とかしていないので、いろんなメーカーさんのオイルを一消費者として使用してきました。
アロマと出会ってから早くも訳8年、片っ端からいろんなメーカーさんのオイルを使用してきました。

そこで気付いた事。
●価格と品質が必ずしも比例していないということ。
●比例している場合もある。
●同じアロマオイルでもメーカーによってというより産地によって香りに違いがある
●外箱、説明書的な紙は私には不要。みんな必要なのか???
●ラベルが飾っておいてステキな奴がいい
●茶色の遮光瓶に黒いキャップが個人的に好き

などなど。自分なりにいろんなことを考えて、数社にしぼって使用しておりました。

特に、近所で大型の店舗の生活の木が一番買いやすくて、何かと利用しております。
私のレッスンに来てくださった方に「どこに行けばオイルって買えるんですか?」
の問いには、ついつい生活の木をお勧めしていました。

でも、私、生活の木さんとは特に関係ないし。。。なんだか回し者みたい??
でも何かもらってる訳じゃないし(苦笑)

そんな思いがふつふつと湧いてきて
「私だったらこうするな〜」的な考えがポツポツ浮かんでくるようになりました。

アロマとベビマのサロンをはじめるきっかけもこれでした。


「私だったらこうするな〜」

そんな考えが頭の中で膨らんで、、今に至るのです。

よっしゃー、やるっきゃない!
と、この夏、いろいろ考えて考えて、やっと形になりました。


うふふ。出し惜しみ。

その2に続く......


Bergamotオリジナル - -
| 1/1 |